館崎遺跡

タテサキイセキ

縄文時代前期後葉~中期中葉、後期前葉の集落です。
盛土遺構、竪穴住居跡、墓、土坑、柱穴、焼土などが複雑に重なり合って検出されたほか、国内最大級の岩偶、長野県霧ヶ峰産の黒曜石を使用した石鏃等が出土しています。

大エリア 福島町
小エリア
所在地
制作時代 縄文
主題時代 縄文
カテゴリ 歴史
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。