拓魂流汗の碑

タクコンリュウカンノヒ

pic29 pic30
終戦後、厚沢部町には海外引揚者、戦災者、復員者などの移住が多くありました。これらの人びとへの対策として緊急開拓入植制度が設けられ、その受入れ先として、本町にも七地区287戸(旧字、上俄虫17、安野呂28、鶉96、西鶉18、峠下12、城ノ岱30、館86)が入植して、昭和20年から10年余にわたって開墾に従事しました。

しかし、土地条件や生活環境も悪く、大きな負債を抱え悲惨な生活が続き、その結果、離農者が続出して離農跡地の荒廃化が進みました。

多くの離農者は当時の苦労に想いを馳せ、子孫の伝えたいとの願いから、石碑を建立しました。

大エリア 厚沢部町
小エリア
所在地
制作時代 昭和
主題時代 昭和
カテゴリ 歴史
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。