青年流汗の碑

セイネンリュウカンノヒ

青年流汗の碑

河川改修工事前の厚沢部川や安野呂川は、増水時には氾濫し、流域に大きな被害を与えてきました。

改修工事を進める大きな力となったのが、昭和37年に創設された「働きつつ学ぶ」一年修業全宿舎制の北海道地方開発青年隊でした。

その宿舎が、本町と日高支庁管内静内町に設けられました。本町には昭和37年(1962)第一期隊員24名を始め、昭和42年(1967)第六期隊員29名まで6年間に延べ168名の隊員が工事に従事しました。厚沢部川の河川改修工事を、技術者として巣立つためのきびしい自己練成の場として勤めあげました。

その尊い姿を讃え「羽ばたく若鷹」を表わしたこの碑が建立されました。

大エリア 厚沢部町
小エリア
所在地
制作時代 昭和
主題時代 昭和
カテゴリ 歴史
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。