鳶川耕三郎翁の墓

鳶川耕三郎の墓
鳶川耕三郎は伊予国小松の一柳家の藩士で、明治12年(1879)に北海道に渡り、大野村向野(現北斗市)に入植しました。同じ頃に大野村向野に入植した山田致人と意気投合したと思われます。

明治16年(1883)にイギリスから戻った山田致人とともに館村へ入植しました。当初は糠野川が入植の割り当て地でしたが、山田致人の入植地である泥川沿いに移り、開墾に従事しました。致人らとともに館村へ入植したと伝えられる12戸のうち、残ったのは山田致人と鳶川耕三郎の2軒だけだったといいます。

明治39年(1906)の村制施行による最初の村会議員や厚沢部農会長を努めました。

昭和51年(1976)に山畔清悦らの「富里親和会」が富里墓地に墓標を建立しました。

大エリア 厚沢部町
小エリア
所在地
制作時代 昭和
主題時代 明治
カテゴリ 未分類