鶉川ゴヨウマツ自生北限地帯

鶉川ゴヨウマツ

国道227号から、約3.5キロ山に入った国有林の山頂に、ゴヨウマツ自生林があります。

本州の山地にはどこでも見られるゴヨウマツですが、北海道中部以北日本海側には見られません。北海道では厚沢部川流域と日高管内の元浦川や幌満川流域に分布しています。

鶉川上流の一帯は、北海道の日本海側の自生地として重要です。そのため、ゴヨウマツの自生北限地帯として、昭和3年(1928)2月7日内務省告示によって天然記念物に指定されました。

ゴヨウマツは鶉川上流右岸の標高400mから800mの険しい尾根状に分布しており、谷底の林道からその姿を遠望することができます。

 

鶉川ゴヨウマツ史跡標柱と説明板

大エリア 厚沢部町
小エリア
所在地
制作時代
主題時代
カテゴリ 自然
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。