佐市のケヤキ

佐市のケヤキ
明治38年(1905)頃に佐々木佐市氏の父甚吉が植樹したケヤキです。

国道227号線の拡幅工事の際にも伐採を免れ、国道沿いのランドマークとなっています。植樹年のわかる記念樹としても貴重です。

大エリア 厚沢部町
小エリア
所在地
制作時代 明治
主題時代 明治
カテゴリ 自然
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。