男山八幡宮

オトコヤマハチマングウ

男山八幡宮
男山八幡宮

創設:明治37(1904)年
御祭神:八幡宮(京都八幡宮分神)誉田別尊(ほんだわけのみこと)・息長帯姫命(おおながたらしひめのみこと)
祭礼:9月15日
由緒:明治37年、中島新三郎ほか5名が入植当時、京都八幡宮の分神を奉受したことで神社を建立したもの。昭和16(1941)年9月に社殿を改築。

大エリア 今金町
小エリア
所在地瀬棚郡今金町字住吉
制作時代 明治
主題時代 明治, 大正, 昭和, 平成
カテゴリ 建造物
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本協議会のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本協議会が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。