カニカン岳金山跡

カニカンダケキンザンアト

カニカン岳近景
カニカン岳近景
カニカン岳採集の鉱山臼
カニカン岳採集の鉱山臼

江戸時代前期(17世紀中葉)の金山遺跡で、これまでの調査によりカニカン岳中腹の標高約600m付近に鉱石の粉成等の作業が行われたテラス(人為的な平坦地)があり、それよりさらに高位面に鉱石の採掘域等の存在が確認されている。また、南麓を流れる茶屋川の源流部付近で鉱山臼2点、北麓のベタヌ川付近で鉱山臼1点が採集されている。茶屋川採集の2点はリンズ型、ベタヌ川採集のものは黒川型とされ、いずれも美利河地区の文化財保管・活用庫で保管している。
本格的な調査は行われておらず、具体的な内容はよくわかっていない。
なお、カニカン岳はアイヌ語「カニカンヌプリ」に由来し、「金を取る山」という意味である。

■参考文献

坂倉源次郎 1739年『北海随筆』
寺崎康史 2013年「カニカン岳金山跡」『日本の金銀山遺跡』所収
(財)日本ナショナルトラスト 1996年『美利河・花石の砂金採掘跡』
矢野牧夫 1988年『黄金郷への旅』北海道新聞社

大エリア 今金町
小エリア
所在地瀬棚郡今金町字美利河
制作時代 近世
主題時代 近世
カテゴリ 歴史
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本協議会のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本協議会が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。