日魯漁業株式会社従業員精霊塔

ニチロギョギョウジュウギョウカブシキカイシャジュウギョウインセイレイトウ

171

■碑文

(前)
日魯漁業株式会社従業員精霊塔

(裏)
大正十三年十一月一日建之

 

■解説

1924年(大正13年)、操業中に命を落とした従業員への追善供養と、人間の食品とされる動物や植物供養のために建立された。題字は、日魯漁業株式会社の創業者である堤清六による。
毎年、日魯漁業株式会社株式を創業した堤清六の命日である9月12日に、ニチロ会が施主となり、施餓鬼法要が営まれている。

■参考文献

「日魯創業100年の軌跡」

大エリア 函館市
小エリア 西部地区
所在地函館市船見町18番(称名寺内)
制作時代 大正
主題時代 大正
カテゴリ 歴史, 生業, 碑・像
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。