拓農魂の碑

タクノウタマシイノヒ

拓農魂の碑

昭和53年(1978)3月に厚沢部高等学校が農業科から普通科へ転換し、農業科が閉課されたことをきっかけに建立された石碑です。建立地は厚沢部高等学校学校が農業実習地として利用してきた檜山農事試作場跡地の一角です。

昭和47年(1972)頃からの普通科志向が高まり、農業高校としての存続が危惧されました。昭和49年(1974)に校下の保護者や生徒に対する意向調査が行われ、その結果、全日制普通科高校として再出発することとなり、農業科を閉課することとなりました。昭和53年(1978)の普通科転換までに、827名の卒業生を送り出しました。

拓農魂の碑碑文

大エリア 厚沢部町
小エリア
所在地
制作時代 昭和
主題時代
カテゴリ 歴史
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。